ルルル文庫最強シリーズ

幽霊伯爵の花嫁

封殺鬼

英雄の占星術師

プリンセスハーツ

愛玩王子

舞姫恋風伝

花姫恋芝居

キャンディ・ポップ

横柄巫女と宰相陛下

珠華繚乱

ルルル文庫WEB小説

かぎろひさやか 玉響

死にたがり姫事件譚

英雄の占星術師

ご主人様はご機嫌ななめ

ダイヤモンド・スカイ

リリィ様日記

シャーレンブレン物語 遠い国のおとぎばなし

愛玩王子

プリンセスハーツ 〜月明かりの下で、まごころを君に〜

ルチア クラシカルロマン

桜嵐恋絵巻

キャンディ・ポップ

アラビアンローズ 〜ライラの受難〜

舞姫恋風伝
〈昭和初期・桐子編〉って
キャラクター相関図
作者メッセージ
「クダンの如シ」ストーリーダイジェスト
封殺鬼既刊ガイド
▲ページジトップへ
封殺鬼 クダンノ如シ 文庫ガイドはこちら
▲ページジトップへ
▲ページジトップへ
花闇を抱きしもの 全2巻
96年に刊行された作品の新装丁版。時は大正。神島家当主になったばかりの桐子、そして聖と弓引の過酷な戦いを描く!


本を購入する
  封殺鬼 花闇を抱きしもの

1


2007年12月刊
ISBN978-4-09-452035-4
定価:本体476円+税

わずか10歳にして闇の陰陽道を継ぐ神島家の当主となった桐子は、中央の術者を呪詛するため帝都へ…!
 

  封殺鬼 花闇を抱きしもの

2


2007年12月刊
ISBN978-4-09-452041-5
定価:本体476円+税


平安時代から生きるふたりの鬼とともに事態を調べはじめた桐子が知った真相とは!? 天才陰陽師誕生!
鵺子ドリ鳴イタ 全5巻
昭和5年。東京を舞台に桐子と鬼たちの戦いが始まった


  封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ

1


2007年5月刊
ISBN978-4-09-452008-8
定価:本体495円+税

京都にある神島家本宅に届いた「真術会」からの手紙。事態を探るため桐子が向かった東京では、恐ろしい人喰い事件が世間を震撼させていた! 真術会と事件は関係しているのか?


封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ

2


2007年10月刊
ISBN978-4-09-452027-9
定価:本体476円+税


この国の闇に生まれ落ちた“魔”がすべてを喰らい尽くそうとしている? 志郎が妖怪たちから得た情報をもとに調査を進める桐子。人喰い事件に関わっているのは、軍部らしく…


  封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ

3


2008年4月刊
ISBN978-4-09-452061-3 定価:本体476円+税


突然桐子を襲った軍服姿の男は何者かの手によって絶命した。桐子は志郎を憑人(よりまし)に刺客の亡霊を呼び出そうとする…。亡霊が語る青い目の男、乙夜の正体とはー!?
 

  封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ

4


2008年11月刊
ISBN978-4-09-452091-0
定価:本体476円+税


真術会の創設者・大山からの招待を受け、武蔵野にある大山の別荘に向かった桐子と弓生。ふたりはそこで、人喰いの実験体として捕らえられていた聖を見つけ…。鵺と鬼たちの死闘が始まる!


  封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ

5

2009年7月刊
ISBN978-4-09-452121-4
定価:本体848円+税


軍部の恐ろしい計画を阻止し、魔人・乙夜と対決するために桐子がとった手段とは?
「鵺」の事件がついに終結。作家本人による完全書き下ろしオリジナルストーリードラマCD付きの豪華版!
 

帝都万葉 全1巻
昭和6年。桐子と志郎とふたりの鬼が新たな事件に挑む!


  封殺鬼 帝都万葉

2011年1月刊
ISBN:978-4-09-452185-6
定価:本体533円+税


「鵺」の事件から1年。東京で邪気に憑かれる者が続出し、桐子とふたりの鬼が調査を開始する。志郎が知り合いから譲り受けた黒い気配をまとう簪が、事件解明の鍵になるかもしれない。簪にまつわる因縁をたどる桐子たちの前に、謎の虚無僧が出現して…。待望のシリーズ最新刊。桐子と志郎の関係にも、ついに変化が訪れる!?
クダンの如シ 全3巻


  封殺鬼 クダンノ如シ

上


2012年3月刊
ISBN978-4-09-452218-1
定価:本体552円+税

見合い話から逃げるため、怪しい噂の流 の女学院に入学した桐子。敷地内の塔に潜むのは魔なのか…。


  封殺鬼 クダンノ如シ

中


2012年4月刊
ISBN978-4-09-452221-1
定価:本体552円+税


女学院の謎に関わっているらしい穂積妙子が桐子の前に姿を現す。妙子は愛らしい少女にしか見えないが…?


  封殺鬼 クダンノ如シ

下


2012年8月刊
ISBN978-4-09-452233-4
定価:本体571円+税


「教えて下さい。私の正体を」。妙子が抱える秘密を知った桐子は、彼女を救おうと竹取の一族とともに闇に立ち向かう。そして桐子の傍には志郎の姿が…。
桐子シリーズ最終章登場!!
鳴弦の月 全1巻
95・97年に刊行された作品の新装丁版。平安時代を舞台に 酒呑童子(聖)と雷電(弓生)の出会いを描く「鳴弦の月」他1編を収録。


  封殺鬼 鳴弦の月

2009年2月刊
ISBN:978-4-09-452102-3
定価:本体476円+税


時は平安時代。大江山で盗賊団を率いていた酒呑童子は、陰陽師・安倍晴明と雷電と運命的な出会いを果たすが…。そののち、長い時をともに生きていくことになる聖(酒呑童子)と弓生(雷電)、ふたりの過去を描くシリーズ番外編。平安末期を舞台に、安倍に仕える鬼たちを描いた「影喰らい」も収録!
▲ページジトップへ
▲ページジトップへ